よるの特別講座  古代の骨を調べよう!

平成22年8月19日、いつもは昼に活動するみなみたね古代探検隊ですが、夜の特別講座を開催しました!!

講師は樋泉岳二先生。早稲田大学非常勤講師をされていて、遺跡から発見された動物の骨を研究されています。

 

町教育委員会は、平成19年~平成21年に一陣長崎鼻遺跡という、縄文時代晩期の遺跡の発掘調査をしました。この遺跡からは、当時の人が食べたあとの貝殻や動物・魚の骨がたくさん発見されています。

今回は、一陣長崎鼻遺跡の骨について、先生にいろんなことを教えていただきました!!

 

一陣長崎鼻遺跡から発見された動物、魚の骨について説明していただきました。

動物も魚も、種類によって骨の形が違うんですね。

サメの骨がたくさんみられることから、一陣長崎鼻の人々はサメを採っていたんだとか!!

 

みんなで一陣長崎鼻遺跡の動物・魚の骨を分類しました。

「う~ん、これは・・・イノシシだ!!」

動物の種類による違いを調べ、どんどん分類していきます。

縄文時代には種子島にもイノシシがいたのですね。



南種子町オフィシャルサイト
トップへ戻る

トップ | サイトマップ | サイト内検索 | お問い合せ | 文字を拡大 | このサイトについて | リンク



南種子町役場|鹿児島|種子島


〒891-3792 鹿児島県熊毛郡南種子町中之上2793-1

  • 電話番号0997-26-1111
  • ファックス番号0997-26-0708
  • メールアドレスhope@town.minamitane.lg.jp


Copyright © 2010 - 2016 南種子町役場|鹿児島|種子島. All Rights Reserved.