試験機2号機3号機4号機

4号機 【2013.8.4】

h2b4号機 国際宇宙ステーションへ生活物資や実験装置、小型衛星などを運ぶ宇宙ステーション補給機「こうのとり」4号機(HTV4)を搭載したH-ⅡBロケット4号機が、8月4日(日)午前4時48分46秒に種子島宇宙センターから打上げられました。
 早朝でまだ辺りが薄暗い中、閃光を発したH-ⅡBロケット4号機は、オレンジ色の軌跡を残しながら上昇し、上空からごう音が聞こえると、見学場に訪れた多くの見学者から拍手と歓声が沸き起こりました。
 H-ⅡBロケット4号機は、予定された飛行経路を正常に飛行し、打ち上げ約14分59秒後に「こうのとり」4号機を正常に分離したことが確認され、打ち上げは成功しました。
 今回は、早朝の打ち上げではありましたが、夏休み期間中ということもあり、見学場には5000人以上の人が訪れ、打ち上げを見守りました。

ロケット打ち上げロケット打ち上げ

3号機 【2012.7.21】

h2b3号機 7月21日(土)、生活物資や実験装置、小型衛星などを国際宇宙ステーションへ運ぶ宇宙ステーション補給機「こうのとり」3号機(HTV3)を搭載したH-ⅡBロケット3号機が、午前11時6分18秒、種子島宇宙センターから打ち上げられました。
 当日の空は雲に覆われ、打ち上げが心配されましたが、オレンジ色の光を発しながらH-ⅡBロケット3号機は上昇しました。
 見学者の歓声とともに上昇すると、すぐに雲の中へ消えたために機体を確認できず、会場はため息に包まれましたが、上空から響くごう音が聞こえると、再び拍手と歓声が沸き起こりました。
 H-ⅡBロケット3号機は、予定された飛行経路を正常に飛行し、打ち上げ約14分53秒後に「こうのとり」3号機を分離したことが確認され、打ち上げは成功しました。
 この日は、夏休み初日が土曜日と重なったため、多くの島外客や家族連れが見学に訪れ、町宇宙開発推進協力会がロケット打ち上げ見学場所にしている長谷展望公園、宇宙ヶ丘公園、町営陸上競技場の3カ所では、約4100人の見学者が集まり、打ち上げを見守りました。
 今回の成功で、H-ⅡAロケットを合わせた主力ロケットの打ち上げは18機連続の成功となりました。

ロケット打ち上げロケット打ち上げ

2号機 【2011.1.22】

h2b2号機  1月22日(土)、生活物資や様々な実験装置などを運ぶ宇宙ステーション補給機「こうのとり」2号機(HTV2)を搭載したH‐ⅡBロケット2号機が、午後2時37分57秒、種子島宇宙センターから打ち上げられました。
 この打ち上げは、当初20日(木)に打ち上げられる予定でしたが、打ち上げ時刻において、氷結層を含む雲の発生が予測されたことから、22日に延期されたものです。
 ロケット打ち上げ時の射場の天候は晴れ、ごう音とともに上昇した2号機は正常に飛行し、打ち上げから約15分13秒後に「こうのとり2号機」を分離したことを確認して、打ち上げは成功しました。
 また、分離された「こうのとり2号機」は、1月27日(木)の20時41分(日本時間)頃に国際宇宙ステーション(ISS)のロボットアームにより把持され、その後、28日(金)の3時34分(日本時間)に結合を完了しました。
 今回の打ち上げも、町宇宙開発推進協力会がロケット見学場所に指定している長谷展望公園、宇宙ヶ丘公園、町営陸上競技場の3カ所には、約3,000人の多くの見学者が集まって、2号機の打ち上げを見守り、音響施設とテレビモニターを設置している長谷展望公園では、ロケットから閃光と白煙があがった瞬間、約2,300人の見学者から歓声が沸き起こり、拍手をするなどして、2号機の打ち上げ成功を喜びました。
 2月9日(水)には、町宇宙開発推進協力会の主催で、平成22年度に打ち上げられたH‐ⅡAロケット17・18号機並びにH‐ⅡBロケット2号機の成功祝賀会が行われ、打ち上げ関係者らと成功を祝い、作業にご尽力された関係者すべての皆さんの労をねぎらうとともに、本町の発展と経済の活性化を祈願しました。

試験機 【2009.9.11】

h2b試験機 9月11日(金)、生活物資や様々な実験装置などを運ぶ宇宙ステーション補給機(HTV)技術実証機を搭載したH‐ⅡBロケット試験機が、午前2時1分46秒、種子島宇宙センターから打ち上げられました。
 ごう音とともに上昇したH‐ⅡBロケット試験機は、夜空を明るくしながら予定された飛行経路を順調に飛行し、打ち上げから約15分10秒後に宇宙ステーション補給機(HTV)技術実証機の分離を確認、予定軌道に投入して、打ち上げは成功しました。
 この新型のH‐ⅡBロケットは、これまでのH‐ⅡAロケットの打ち上げ能力を高め、国際宇宙ステーション(ISS)や月面への物資輸送など、将来のミッションへの可能性を開く新しいロケットとして開発されたものです。
 打ち上げ時の天候は曇りでしたが、町宇宙開発推進協力会がロケット見学場所に指定している長谷展望公園、宇宙ヶ丘公園、町営陸上競技場の3カ所では、約2,500人の見学者が集まり、H‐ⅡBロケット試験機の打ち上げを見守りました。



南種子町オフィシャルサイト
トップへ戻る

トップ | サイトマップ | サイト内検索 | お問い合せ | 文字を拡大 | このサイトについて | リンク



南種子町役場|鹿児島|種子島


〒891-3792 鹿児島県熊毛郡南種子町中之上2793-1

  • 電話番号0997-26-1111
  • ファックス番号0997-26-0708
  • メールアドレスhope@town.minamitane.lg.jp


Copyright © 2010 - 2016 南種子町役場|鹿児島|種子島. All Rights Reserved.