平成27年度 離島漁業再生支援交付金による取組概要

1.集落協定の概要

  • 都道県名:鹿児島県

     市町村名:南種子町

     島名:種子島

     協定締結集落名:南種子集落

     交付金額合計:7,752千円

     (1)基本交付金:7,752千円

     (2)新規就業者特別対策交付金:0千円

     協定参加世帯数:57世帯、57人(うち漁業世帯57世帯、57人)

     鹿児島県の都市部の勤労者世帯の有業者一人当りの平均勤め先収入3,755,748

     集落の平均漁業者所得2,057,396

2.協定締結の経緯

南種子町は3方を海に囲まれ優良な漁場が多く,これまで漁業世帯個々が海域環境の管理を行っている現状にあったが,近年水産資源の減少や魚価の低迷,また漁業者の減少や高齢化等の課題を抱えているため、水産資源の豊富な優良漁場の形成や,魚価の安定化を図ることなどを目指して,離島漁業再生支援交付金による漁業再生活動に取組むこととした。

3.取組の内容

①漁場の生産力の向上に関する取組状況

近年,魚介類の漁獲量が減少している状況のため,カナコ篭・イカ柴の投入によるイカの産卵場・育成場の整備,藻場増殖プレート設置・移設による藻場の再生,サメ駆除による資源管理等,漁場の生産力の向上に関する取組を実施することにより,地域漁業の活性化を図ることを目指した。

②漁業の再生に関する実践的な取組状況

南種子町漁業協同組合主催の「お魚祭」に協賛として参加し,魚食普及活動・子どもたちによる魚のつかみ取りを行い,魚とのふれあい活動を実施した。その他市場開拓事業により,魚の流通・鮮度保持等について研修を行った。また,鮮度保持装置(ナノ・フレッシャー)使用による鮮度保持の試験・試食等を実施した。

③新規就業者に係る取組状況

今年度は,取組なし。

4.取組の成果

①漁場の生産力の向上に関する取組の成果

イカの産卵場・育成場の整備事業については,前年度投入したカナコ篭の引き上げを行ったところ,産卵の痕跡が多数みられた。藻場増殖プレート設置については,昨年同様,広田浦の沖合に300枚のアミノ酸入りプレートを設置し,昨年設置したプレートを牛野浦港沖合に移設設置した。今後の藻場増殖・再生への効果を期待したい。サメ駆除については,集団駆除を6箇所で実施した。10月に6日間,11月に1日間,3月に2日間実施し,買上げを含め,合計211匹のサメを駆除した。なお,買取価格については,尾鰭30㎝未満は1,000円/匹,30㎝以上50㎝未満は3,000円/匹,50㎝以上とマオナガについては,5,000円/匹と定めた。駆除後,数日間はサメによる被害がなかったことから,定期的に実施し漁場の保全を図ることで,生産力向上に繋がることがわかった。

②漁業の再生に関する実践的な取組状況

現在,ナノバブル発生装置を使用し,魚の鮮度保持を行うことで,魚価の安定化及び安定供給が図れるよう取り組んでいる。市場開拓として,九州中央魚市,鹿児島県漁連との意見交換を行った。ナノ・フレッシャーを使用している船舶もいることから,魚価の安定・向上のためにも,今後も漁協・漁民との連携・調整を密に図ることとした。また,ナノ・フレッシャーを使用している鮮魚等の区分が現状ではなされておらず,集荷する際に目印等をつけ,区分するよう取組むこととした。また,近年は消費者における安心安全を求めるニーズが高いため,生産者・販売者が協力し合いながら南種子産の魚をブランド化し,販路拡大につなげていきたい旨も話し合った。漁協との協賛で魚食普及を図るため,アサヒガニ味噌汁の提供と子供たちを主体とした魚のつかみ取りを実施した。アサヒガニのおいしさを伝えることや子供たちが魚と触れ合うことにより,将来にわたっての,町内や島内での消費拡大につなげることができた。

【イカ柴投入】
【藻場増殖プレート設置】
【サメ駆除】

5.その他

平成22年度の取組概要(PDF
平成23年度の取組概要(PDF
平成24年度の取組概要(PDF
平成25年度の取組概要(PDF
平成26年度の取組概要(PDF



南種子町オフィシャルサイト
トップへ戻る

トップ | サイトマップ | サイト内検索 | お問い合せ | 文字を拡大 | このサイトについて | リンク



南種子町役場|鹿児島|種子島


〒891-3792 鹿児島県熊毛郡南種子町中之上2793-1

  • 電話番号0997-26-1111
  • ファックス番号0997-26-0708
  • メールアドレスhope@town.minamitane.lg.jp


Copyright © 2010 - 2016 南種子町役場|鹿児島|種子島. All Rights Reserved.